安い オールインワンジェル デメリット

安いオールインワンジェルのデメリット

安いオールインワンジェルには、値段の安さゆえに続けやすい、またスキンケアの時間を短縮できるというメリットがあります。

 

ただ、メリットがあればデメリットがあるということも知っておかなければなりません。

 

ここでは、安いオールインワンジェルのデメリットをまとめていますので、チェックしておきましょう。

 

ラインで使用するより効果が劣る場合も

安いオールインワンジェルには化粧水や乳液、美容液、ものによっては化粧下地の機能が搭載されていますが、それぞれの化粧品をラインで使用したほうが高い美容効果にが期待できると言われています。

 

つまり、化粧水、乳液、美容液をそれぞれ別々に使ったほうが高い美容効果が期待できるというわけです。

 

当然手間と時間はかかってしまいますが、本気でスキンケアするには同じシリーズの化粧品をラインで使用したほうが良いかもしれません。

 

ちなみに、プロのエステティシャンのなかには、オールインワンジェルは勧めず、ラインでの使用を勧めているエステティシャンもいらっしゃるようです。

 

肌の状態に合わせて使用できない

オールインワンジェルは、上記に挙げたように化粧水や乳液、美容液の役割を1本でこなします。

 

ラインで使用する場合、肌の状態によっては化粧水を少し増やしたり、乳液を減らしたりすることで調整できますが、オールインワンジェルには1本にまとめられているがゆえに肌の状態に合わせて使用量を調整することが難しいでしょう。